年収300万円台の我が家の記録

お家の家計の事 断捨離の事 娘の事 懸賞の事 不妊治療の事 記録として綴ります。

家計の黄金比率を当てはめてみる

 

 

 

家計管理をしていく上で大事なこと

 

 

我が家は低所得者に入るんでしょうか?

主人の収入だけだと、低所得者に入ると思います。

 

  •  手取り  約19万円弱
  •  ボーナス 夏+冬 約26万円弱

 

19万円×12ヵ月=228万円

26万円×2回=52万円

228万円+52万円=280万円

 

 

主人だけの収入で280万円

今は私もパートで年間96万円ほどプラスです。

今は376万円ほどの世帯収入です、(児童手当含まず。)

 

専業主婦の時期と娘を産んでからの時期は、

この金額で過ごしていました。

 

お金の管理がちゃんとできなかった私

できてるつもりでいた私

 

この収入で生活の品を購入していくのに限界が有り、

娘の児童手当も使っていました。

 

児童手当は、子供のためにあるのだから、子供のために使う。

 

しかし、このままではいけないと感じ、どこから削れるか?

そんな時に団地の募集を見ました。

 

 

固定費の削減

 

前の家での家賃が4万円+駐車場代8000円

住居費4万8000円

 

どうにか少しでも削減できないかな?

団地は所得に応じての家賃なので、そんな中、団地の募集をみつけて、直ぐに場所を見に行って、応募しました。

 

なかなか当選しないそうなんですが、今住んでる家はあまり需要が少なかったのか、

子育て世帯のみの募集だったからか、ありがたい事に、当選出来て引っ越してきました。

 

家賃4万8000円→3万5900円

(-1万2100円)

 

少しでも、固定費削減出来て、今は古いですが団地で過ごしています。

 

生活できる範囲内での環境なので、建物が古いところ以外は、気に入ってます。

団地といえば、月に1回のみんなでのお掃除自治会周りとのつながり

のようなものがありますが、私が住んでるところは、世帯数もそれほど

多くないのとシルバーの方が多いので、お掃除も外注しています。

その分、共益費が1000円かかりますが、そこは自分がやらなくて良い分の

手間賃ですね。

 

 

固定費の割合

 

 

家計管理でどこから見直したらいいのかという時に、固定費

そこを見直すという考えを横山光昭さんの本で知りました。

固定費、つまり、毎月決まって出て行くお金。

変動費、つまり毎月増減するお金。

 

 

まずは家計の黄金比率を確認しようと・・・

住居費: 25%
食費: 15%
水道光熱費: 6%
通信費: 5%
小遣い: 8%
預貯金: 18%
生命保険料: 4%
日用品: 2%
医療費: 1%
教育費: 4%
交通費: 2%
被服費: 2%
交際費: 2%
娯楽費: 2%
し好品: 1%
その他: 3%

横山光昭さんの黄金比率の割合です。

これを踏まえた上で、我が家に当てはめて計算してみました。

 

分かりやすいExcelの表を見つけましたのでこちらを参考に

させていただけました(_ _)

 

攻めの家計簿 | お金が貯まる体質になる家計管理に役立つ便利なExcelを公開しています!

 

atstory.net

 

 

無料ダウンロードさせていただきました。

 

 

f:id:norimaki7chan:20180913053046p:plain

f:id:norimaki7chan:20180913053124p:plain

 

 

 

 

 固定費の理想の割合が45%なのに48.96%

 

  住居費: 25%→12%
食費: 15%
水道光熱費: 6%
通信費: 5%→5%
小遣い: 8%→6%
預貯金: 18%
生命保険料: 4%→11%
日用品: 2%
医療費: 1%
教育費: 4%→9%
交通費: 2%
被服費: 2%
交際費: 2%
娯楽費: 2%
し好品: 1%
その他: 3%→4%

 

 保険料が高いですね。

貯蓄型も含んでいます。

その他は車のローンがあります。

教育費は娘が園に通っているので月謝とバス代。

 

固定費は住居費が少ない分、他で補填している感じですね。

 

もしも私が働けなくなると主人のお給料だけでやりくりをしないといけません。

その時のために少しでも貯蓄して、少しでも余裕がないといざという時が来たら

きっとやっていけない気がするので。

 

古いですがこの団地で娘が大きくなるまでは過ごしたいと思います。

 

見直せる部分はもう少し見直しが必要かな?