年収300万円台の我が家の記録

お家の家計の事 断捨離の事 娘の事 懸賞の事 不妊治療の事 記録として綴ります。

母親だったら誰もが涙する映画です

 

f:id:norimaki7chan:20181216225142j:image

 

 

 

湯を沸かすほどの熱い愛

 

 

 

湯を沸かすほどの熱い愛
 

 

 


宮沢りえさんの演技に圧巻。

こんな強い母親になりたい。

自分の事より家族の事。

病気になり、やり過ごした事が無いように、後悔しないように、全ての愛情を家族に与えてあげる。

 

自分も母親に置いていかれたのに、その産みの母親は、自分には会わない、娘は居ないという。なんて母親だ。あんな母親からこんなにできた娘が生まれるとは。

 

子供を産んでいないのに、我が子のように育てる。いつか本当の母親にあった時に、耳が聞こえない母親に手話が役に立つように、教えていた。

いつか会わせてあげるつもりでいたんだろう。

娘はいじめられているのに、分かってるのに、立ち向かって行きなさいと背中を押す。このままでは何も変わらないと言って行かせる。私にはできないかもしれない。そんな強い母親になりたい。

 

周りによって来る人たちは、宮沢りえさんが演じる女性を必ず好きになる。優しさがなんだか違う。

 

ガンに侵されて強く立ち向かう姿。

娘は泣き顔を見せまいと我慢するも、老いていってしまう母に我慢ができなくなって、母の前で泣く。当たり前だよね。よく我慢したね。きっとお母さんもそんな姿を見せたくないんだろうからね。娘に家族を頼むねと。

 

みんなが一つになり、しあわせな終わり方だった。

母親の強さ、私も子供を育てる身としては、とても強さを感じて涙が止まらなかった。

 


母親にとりのこされた子ばかりの話。

それぞれの人生だけれども、これからをしっかり生きて行こうというメッセージが込められていた気がした。

 

 

 

 

まとめ

Amazonプライムビデオで観ました。

ずっと観たかった。

泣き過ぎたけれども、出演者のみんなの演技が素晴らしくて、引き込まれて。

やっぱり映画って良いですね。